BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)

BOW TIE(蝶ネクタイ)-魚(赤ロゴ)

販売元
NO BRAND
通常価格
¥2,852
販売価格
¥2,852
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

シュールなデザインのノーブランド・インポートボウタイ(蝶ネクタイ)です。
鮮やかな発色のデジタルプリントで動物や昆虫、魚、人物などをコラージュ!
結婚式・パーティーはもちろん、カジュアルにも使用できます。
裏側からアジャスターの紐を抜いて、ゴムやヘアピンに付け替えればヘアアクセとしても使えそう♪

【サイズ】
BOW:約6.5cm×約11.5cm
首周り:約30cm~48cmくらいまで調節可能

【素材】
HIGH QUALITY COTTON

ネクタイの起源・・・ルイ13世を守るためにクロアチアの兵士がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていたスカーフが起源であるという説がある。
彼らは無事な帰還を祈って妻や恋人から贈られたスカーフを首に巻いた。
これが、クロアチア兵(クラバット)(cravat)と呼ぶようになったという逸話である。
現在でもフランス語などではネクタイを "cravate" と呼ぶ。
また、18世紀にかけて、クラバットに限らず首に布を巻くスタイルは兵装としても用いられ、一般に広まった。この形のクラバットは第一次世界大戦頃までの一般的な男性の正装となる。
19世紀後半にイギリスでクラバットの結び目のみを残したものが作られた。これがボウ(蝶ネクタイ)である。